上皇上皇后両陛下

上皇上皇后両陛下の引っ越しが遅れる原因は?サーヤのお手伝いは?

上皇上皇后両陛下は、吹上仙洞御所から高輪皇族邸へ引っ越される予定です。

しかし、お引越しの準備が遅れに遅れており、周囲から延期になるのではないか?と心配の声があり、なぜお引越しの準備が遅れているのかを探りました。

120トンのお荷物が本当に引っ越し準備の遅れの原因なのか?断捨離は必要!

例えば、一般の4人家族の引っ越しで4トントラックが1台もあれば十分なので、荷物の重さは3トン程度です。

上皇上皇后両陛下の荷物は120トンともいわれ、一般の4人家族の40倍です。

なぜ、そんなに荷物があるのかという疑問がある人がいると思うので公表されている主な荷物の内容は次の通りです。

  • 英国のエリザベス女王から贈られたボウル
  • オランダのベアトリックス女王からの花瓶
  • 全国に古くから残る伝統的な名産品
  • 上皇上皇后両陛下の蔵書
  • 黒田清子さんのお荷物

世界の王侯貴族から頂いたもの献上品は、簡単に捨てる訳にはいかないでしょうが、蔵書に関しては計画的に断捨離できるはずです。

1万冊以上はあるといわれる上皇上皇后両陛下の蔵書は一冊400gとすると、実に4トンにもなる上、思い入れがある本の断捨離には時間がかります。

上皇上皇后両陛下の蔵書は、貴重なものが多いと思いますので、引っ越し先で収まりきれないのであれば、博物館や図書館に寄贈するといった方法は考えなかったのでしょうか?

蔵書は急に増えるとは思えないので、計画的に断捨離はできたはずです。

更に、上皇上皇后両陛下の引っ越しは今回が初めてではなく、93年にも新築された御所にお引っ越しをされており、荷物も今回と同様に100トン以上だったそうです。

前回のお引越しから荷物の量があまり変わらないにも関わらす、今回の引っ越しの準備が計画通りに進まない原因は、荷物の量ではないことは明らかです。

引っ越し先の高輪皇族邸は、吹上仙洞御所に比べ狭いことは事前に分かっており、入りきれない荷物は倉庫に入れるそうです。

上皇上皇后両陛下はご高齢になれたとはいえ、実際に作業するのはおそばにいる職員なので、指示を出すだけと推測されます。

お引越しを遅らせて天皇皇后両陛下へいじわるをしているのでは?と思われないように、計画通りにお引越しを進めるべきです。

黒田清子(サーヤ)さんのお荷物の整理は進んでいるのか?お手伝いはしているの?

気になるのが、上皇上皇后両陛下のお引越しに黒田清子さんのお荷物もあるということです。

黒田清子さんは元皇族の紀宮(のりのみや)さまだとご紹介すると、お分かりになる人は多いと思います。

黒田清子さんは黒田慶樹さんとご結婚して皇室は離れておりますが、上皇上皇后両陛下の第3子、ご家族の間ではサーヤという愛称で呼ばれていました。

上皇上皇后両陛下は実の娘である黒田清子さんを事あるごとに頼りにしていることはよく知られています。

93年に美智子さまが突然お倒れになった際、黒田清子さんは美智子さまのご快復に力尽されていました。

東日本大震災の際も、黒田清子さんはすぐに皇居に駆けつけたそうです。

特に、美智子さまは黒田清子さんを頼りにしており、今回のお引越しについても相談されていたようです。

黒田清子さんのお荷物の量は公表されていませんが、ご引っ越しの準備はしっかりできているかどうかは不明。

もし、上皇上皇后両陛下のご指示が、作業をする職員にうまく伝わっていないのであれば、黒田清子さんが間に入ることで、お引越しの準備を計画的に進めるべきだったのではないでしょうか?

まとめ

上皇上皇后両陛下は、吹上仙洞御所から高輪皇族邸のお引越しが遅れている理由を探ってきした。

120トンもの荷物があるので、引っ越しの準備が遅れているという見方があります。

しかし、前回のお引越しから荷物の量があまり変わらないにも関わらす、今回の引っ越しの準備が計画通りに進まない原因は荷物の量ではないことは明らかです。

更に、実の娘である黒田清子さんが、ご高齢の上皇上皇后両陛下と職員の間に入ることで、お引越しの準備を計画的に進めるべきだったのではないでしょうか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です