眞子様

2月に眞子さまご結婚問題に遂に決着の時を迎えるか?再延期あるいは皇室離脱の可能性も

眞子さまと小室圭さんのご結婚の延期のリミットである2月になりました。

父である秋篠宮さまもお誕生日の会見で何かの発表が必要だと言及しているため、2月に眞子さまのお気持ちが発表させるのではないか?と噂があるので検証します。

ご結婚を強行!皇室を離脱するという選択肢もありうる!?

眞子さまは、今でも普通の恋人同士と同じように小室圭さんと連絡をとっており、ご結婚を強行する可能性は0ではありません。

お二人はスカイプのビデオ通話などを使って、話し合っているといわれています。

一般の結納にあたる納采の儀を行わず、ご結婚という運びになる可能性もあることは指摘されています。

戸籍がない皇族の方は、証人を友人に依頼した上で、婚姻届けと皇統譜(記載事項)を証明した書類を代理人の弁護士が提出すれば、ご結婚は可能です。

この方法であれば、秋篠宮家の皇族の方は知らないうちに結婚したといことになり、面子を潰されずに済むことになります。

当然、眞子さまと小室圭さんは、1億円を超える一時金は辞退することで、世論の批判を避けるはずです。

ただ、父親の秋篠宮さまと母親の紀子さまは、ご結婚しても、学生である小室圭さんがどうやって眞子さまと生活をしていくのか?と心配するでしょう。

1億円を超える一時金は辞退することは避けて欲しいと懇願するかもしれません。

眞子さまと小室圭さんがご結婚を強行する可能は少ないと考えられますが、まったくないわけではありません。

眞子さまはご結婚の再延期を迫られている!

2年前のご結婚延期では、準備をする時間がないという理由でしたが、2年経過しても、小室家の借金問題について解決できたという情報はなく、状況はあまり変わらないと推測されます。

更に、小室圭さんは、ニューヨークで弁護士資格を取得するために猛勉強しているといわれているので、ご結婚を進展させる余裕はないしょう。

お二人のご結婚の意思が固ければ、再延期という発表を迫られる訳です。

ただ、現在、女性宮家について議論が行われている最中でもあり、更なる延期によって水を差すことになります。

関係者はご結婚を白紙、つまり破断したほうがよいと感じているようです。

しかし、ご結婚が破断になった場合、怖いのが小室圭さんです。

1億円を超える一時金を争点として、法廷に打って出ることも十分考えられます。

法廷で、公にしたくない皇室の内情や眞子さまと小室圭さんの関係などが明らかになってしまうことは、避けたいところです。

ご結婚が破断になった場合、小室圭さんへ入念な根回しが必要となるので、関係者は大変です。

また、15歳以上の内親王は自分の意思で、皇籍から離脱できます。

眞子さまが、小室圭さんと結婚できず、皇籍から離脱したいと言い出したら、皇室にとって、これまでにない大きな問題になりかねないです。

王族の地位から退くと発表したヘンリー王子とメーガン妃の例を考えれば、事の重大さはより深刻になるでしょう。

ご結婚を断念したら、佳子さまや愛子さまへの影響は?

もし、眞子さまと小室圭さんのご結婚が破断となったら、一番衝撃が受けるのは佳子さまや愛子さまだと考えられます。

母である雅子さまや紀子さまのご結婚は自由恋愛だったので、眞子さまや佳子さま、愛子さまも好きなった人と結婚したいと思っているかもしれません。

眞子さまと小室圭さんは大学のキャンパスで出合い婚約まで発表したにも関わらす、ご本人たちの問題でもないのに破断となれば、佳子さまや愛子さまにとっては自由恋愛の末のご結婚はリスクが高いと感じるかもしれません。

佳子さまや愛子さまは恋愛について慎重になり、婚期が遅れてしまう可能も否定できません。

天皇皇后両陛下や秋篠宮さまと紀子さまの悩みがまた一つ増える訳です。

まとめ

眞子さまは小室圭さんのご結婚問題には、ご結婚を強行、再延期、白紙という3つの選択肢があります。

これまでの状況を考えると、ご結婚を強行という選択肢より、再延期や白紙という選択肢を選ぶことが濃厚とされています。

新年の一般参賀でも、眞子さまの笑顔はあまり見る事ができず、うつむいたお顔の印象が残っています。

眞子さまは、2月になんらかの意思表示を迫らせており、とても厳しい立場です。

ニューヨークで金髪女性と談笑している小室圭さんの記事が掲載されました。

厳しい立場にいる眞子さまを小室圭さんはどのように思っているのでしょうか?

眞子さまのお気持ちが変わってしまうことも十分ありそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です