佳子様

新年祝賀の儀にティアラ姿の佳子さまが初のお出まし!プリンセスたちのティアラの値段や作られる意味

令和初の新年祝賀の儀には、天皇家や秋篠宮家など皇族の方が出席。

ティアラ姿の佳子さまがはじめてのお出ましになり、国民から注目を浴びました。

ここでは佳子さまをはじめ、プリンセスたちのティアラについて紹介します。

ティアラ姿の佳子さまに国民はうっとり!

純白のドレスに身を包んだ佳子さまは、同席した皇族の方々の中でも、美しさがひと際目立ち、天使みたいだという声がネットに広まりました。

うつむき加減に視線を送る佳子さまに誰もが心奪われたと思います。

佳子さまが身につけられたティアラは、ミキモトが製作されたものでクラシカル・モダンな雰囲気が漂い、凛とした美しさが感じられました。

皇室ではティアラは女性皇族に受け継がれるもので、いつかは佳子さまから次の女性皇族に引き継がれますが、佳子さまのティアラはプリンセスにとっては憧れの的になるでしょう。

プンセスたちの美の共演!ティアラに秘められた永遠の輝きの秘密を探る

天皇家や秋篠宮家など女性皇族のティアラを紹介します。

雅子さまのティアラは歴史的な一品

 

雅子さまのティアラは、明治時代から伝わる歴史的価値が高いものです。

ショーメが宝飾部分を担当し、世界でもトップ20に入る大きなダイヤモンドが中央にあしらわれています。

ティアラの台座は、身に着ける女性皇族に合わせて何度も手が入れられ、現在の形となりました。

紀子さまのティアラは、美智子さまのおくりもの

 

紀子さまのティアラは、上皇上皇后両陛下がご成婚された際に製作されたものです。

吉祥文様の唐草をイメージしており、長寿や繁栄の願いが込められています。

これまで雅子さまが身に着けていましたが、紀子さまに受け継がれました。

眞子さまのティアラは、清らかで美しいイメージ

 

眞子さまは和光製のティアラを身につけられていました。

丸みを帯びたデザインは、優しさや清らかさが漂い、眞子さまにぴったりだと感じられます。

成人を迎えられた眞子さまへ祝意が、こめられたものなので特別です。

佳子さまと眞子さまのティアラはミキモトと和光などが競争入札!気になるお値段は?

皇室のティアラは入札で製造者決定しており、眞子さまのティアラは28,560,000円で和光が落札。

佳子さまのティアラは27,930,000円でミキモトが落札しました。

眞子さまのティアラのほうが佳子さまのティアラに比べ、若干値段が高いのは、長女ということだからでしょうか?

佳子さまのティアラは入札価格に加え、デザインなどを提出したので、佳子さまの意向も反映されたのかもしれません。

ちなみに、皇室から離れた高円宮家の典子さまのティアラは15,225,000円、絢子さまのティアラは14,857,500円でミキモトが落札しました。

皇室のティアラはミキモトの落札が目立ちます。

女性皇族の正装であるローブ・デコルテに長手袋、勲章、ティアラで登場するのは新年祝賀の儀の他、朝見の儀、宮中晩餐会などです。

勲章とティアラは宮中晩餐会の主賓が王族の場合のみ着用して、王族以外の主賓の前では着用しません。

トランプ大統領を迎えた晩餐会では勲章とティアラが着用していませんでした。

皇室もかなり気を使っているように感じられます。

まとめ

女性皇族のティアラはマンションが購入できる程高価なものですが、皇室で受け継いでいくものなので、永遠に使えます。

眞子さまと佳子さまのティアラは他の女性皇族の方のものと比較しても、とても高価なのは驚愕。

女性皇族の正装のローブ・デコルテ、長手袋、勲章、ティアラの美しさは、日本の象徴といってもいいでしょう。

習近平国家主席を日本へ国賓として招待していますが、この美しいティアラの出番はないようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です