美智子様

新年一般参賀へサングラスの姿の美智子さまへ非難の声?嘔吐の原因は結婚問題の可能性大

1月2日、令和初となる新年一般参賀が皇居・宮殿で行われ、体長に不安がある美智子さまがサングラスをかけてのお出ましとなり、驚いた人も少なくありません。

美智子さまのサングラスや嘔吐の原因での論争について紹介します。

美智子さまのサングラスは新年一般参賀にそぐわない?

サングラスの美智子さまがお出ましになり、違和感があった人も少なくありません。

サングラスといえば、カジュアルなイメージがあり、新年一般参賀という行事にはそぐわないといった考え方があります。

実は、サングラスをかけた美智子さまがお出ましになるは新年一般参賀が初めてではないです。

過去に白内障の手術を受けた美智子さまは、日頃から、強い日差しから目を守るためにサングラスをかけています。

日差しに含まれる紫外線を長期間浴びると、白内障などの眼病リスクを高めるそうです。

しかし、サングラスのレンズに色が付いているからといって紫外線が防げるのではなく、紫外線をカットする加工が施されているレンズを選ぶことが重要。

美智子さまは、サングラスの色をもう少し薄くして普通のメガネに近いものをつけたほうがよいかもしれません。

更に、美智子さまはどちらかというと面長なので新年一般参賀で着用した角型レンズのサングラスより、丸いレンズのサングラスをつけたほうが、優しさが強調される上、おしゃれだと考えられます。

美智子さまは乳がんの手術に加え血の混じる嘔吐によってやつれた顔を国民の前に晒したくないという考えがあり、サングラスをかけているかもしれませんが、違和感があることは確かです。

美智子さまの嘔吐は眞子さまのご結婚問題や引っ越しのせい?!

昨年9月以降、美智子さまが何回か嘔吐した原因は、二重権威を指摘する週刊誌報道のせいであることが公表され、波紋が広がりました。

上皇上皇后両陛下は公的ごな活動から退かれることが公表されています。

しかし、上皇旗を掲げたお車に上皇上皇后両陛下が乗って、昨年10月23日に行われた茶会へご出席したことをきっかけに二重権威への不安が広がりました。

更に、台風19号の被害によって祝賀パレードが延期されたのは、天皇皇后両陛下以外にも美智子さまの意向も反映されたものだといわれ、二重権威を指摘する報道があっても不思議ではありません。

美智子さまの嘔吐が、二重権威を指摘する報道内容が原因だとするのはおかしいという考えがあり、マスコミが噛みつきました。

マスコミは、高輪へのお引っ越し作業が難航していることや小室さんと眞子さまのご結婚問題が解決できないことが美智子さまの嘔吐の原因だと反論しています。

高輪へのお引っ越し作業では、120トンともいわれる上皇上皇后両陛下の私物が原因で難航しているといわれます。

決して広くない高輪の仮仙洞御所には120トンの私物は収まりきれず、新設した倉庫に保管される予定。

上皇上皇后両陛下のお出ましが減らないのは、皇族が減る傾向あるためだという考えもあり、最近では高円宮家の絢子さまがご結婚し、皇室を離れたことは記憶に新しいです。

その上、秋篠宮家の眞子さまのご結婚問題が解決して、皇室を離れることになると、皇族また減る事になり、深刻さはますます深まります。

皇族の方が減るということは、皇族一人ひとりへのご公務の負担が大きくなるばかりではなく、皇室から国民の心が離れる原因になる可能性も否定できません。

まとめ

美智子さまのサングラスは白内障の手術が原因であることは紹介しましたが、新年一般参賀で、体調が悪くやつれた顔を国民の前に晒したくないという考えがあるのかもしれません。

美智子さまが何回か嘔吐した原因は、二重権威を指摘する週刊誌報道だという関係者の発表が正しいのか、高輪へのお引っ越し作業が難航していることや小室さんと眞子さまのご結婚問題が解決できないこととするマスコミの反論が正しいのかは、美智子さまのみぞ知るところでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です