皇室関連

天皇皇后両陛下がイギリスへの公式訪問を強行したら?デモや不買運動に繋がるか?

天皇皇后両陛下のイギリスへの公式訪問は延期される情報がありますが、新型コロナウイルスとの闘いは始まったばかりで、沈静化するまで1年以上かかると予想されています。

全世界で新型コロナウイルスが蔓延しつつあるこの時期に、天皇皇后両陛下がイギリスへの公式訪問を強行したら、どのような影響があるか、探ってみました。

イギリスへ公式訪問する天皇皇后両陛下が新型コロナウイルスに感染する可能性は?

航空会社のCAが新型コロナウイルスに感染してしまったという情報があるため、機内という閉鎖空間に長時間滞在すると、新型コロナウイルスに感染する可能性は高いです。

機内で天皇皇后両陛下が機内で新型コロナウイルスが感染する可能性についても0%ではありません。

ただ、イギリスへの公式訪問に同行する人々は、こっそりと新型コロナウイルスの感染検査を受けて、天皇皇后両陛下に感染させないようにする可能性があります。

ただ、イギリスでは、天皇皇后両陛下には多くの要人などとの会合が待っており、新型コロナウイルスに感染してしまうことになるかもしれません。

特に、高齢の人が新型コロナウイルスに感染すると重症化することは知られており、天皇皇后両陛下も例外ではありません。

天皇皇后両陛下が多くの人々と接触するイギリスへの公式訪問は、とても危険だといわざえないです。

日本に対して入国制限がある!デモや不買運動に繋がる可能性も大!

イギリスでは、一時期、日本から入国した人で、咳や熱、呼吸困難の症状があると、直ちに屋内に待機し、他人との接触を避け、国民保健サービスまで連絡しなければならず、カテゴリ2とされていました。

現在では、風邪の症状があった場合、一週間の自主隔離を実施し、その後、症状が悪化している人のみ国民保健サービスまで連絡することになったそうです。

イギリスは日本からの入国を制限して警戒していますが、多分、国賓として招かれる天皇皇后両陛下はこの入国制限は課せられないでしょう。

ただ、イギリスへの公式訪問に同行する職員やマスコミも同じように入国制限が課せらなかったら、多くの日本人から新型コロナウイルスをばら撒かれるのでないか?とイギリス国民は心配になるかもしれません。

イギリスでは日本に限らず、中国などから入国する人はなんらかの入国制限があるため、アジア人というだけで、差別的な言動を投げかけられる可能性は十分あり、天皇皇后両陛下の入国に反対するデモがイギリス国内で発生する可能性もあります。

もし、デモの中、天皇皇后両陛下がイギリスへ公式訪問を強行したら、天皇皇后両陛下に対して、危害を加えようとする輩の出現も心配されます。

また、イギリス人の反日感情が高まり、日本企業が経営するお店が閑古鳥になってしまったり、日本製品の不買運動に繋がったりする可能性も0%ではありません。

せっかくのイギリスへの公式訪問が台無しになることになるでしょう。

訪問先も限られるようになり、滞在期間も短縮されることも予想され、天皇皇后両陛下の初めての皇室外交は失敗となる可能性は高いです。

まとめ

全世界で新型コロナウイルスが蔓延しつつあるこの時期に、天皇皇后両陛下がイギリスへの公式訪問を強行した場合、天皇皇后両陛下が新型コロナウイルスに感染してしまう可能性は十分あります。

更に、イギリス人の反日感情が高まり、デモが発生したり、天皇皇后両陛下に対して危害を加えようとする輩の出現もしたりすることが恐ろしいです。

訪問先も限られるようになり、滞在期間も短縮されることが予想され、天皇皇后両陛下の初めての皇室外交は失敗に終わる可能性は高いです。

天皇皇后両陛下のイギリスへの公式訪問は延期されるそうですが、中止という選択肢も用意したほうがいいでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です